HOME 経歴・著書 会社概要 初動負荷理論 ビモロシューズ 取扱店舗 ワールドウィング 指導提携施設 キャンプ 最新情報 猫の穴NEWS Q&A お問合わせ 特許・ 登録商標 について




(2017.5.23)
目に青葉

俳句の『夏』の季語が沢山用いられる、山口素堂(江戸時代) の有名な句ですね。


小山先生には、外国の方々の友人も多く、その中には日本の文化が好きなので、俳句から更に日本を知りたい-方も少なくないようです。

また、幅広い年代の学生達に囲まれる小山先生には、様々な質問が寄せられます。
表題の例もその一つです。

♠♠
『外国の友人、科学者と日本の学生、子供達の質問とそのベースにある感性には共通性を感じます』と、小山先生。 

表題の『目に青葉』『目には青葉』の違いを問われて『約束ごとでは、目には-ですと、いわゆる「字余り」』

『この時期の自然に目に飛び込んでくるかのような「緑」とその多き-を詠んでいますので』 

以下、小山先生の展開です。

外国人の友人も、俳句で悩む学生の皆様も、まず 

『Many青葉』 
から、取り組むと如何ですか? 
そして、
『山ほっとけず』
と続きます。


ここが小山先生のおっしゃる、「放って置けない」部分。

「小山、放っておけず」
「緑の集団は、山にも似た手入れが必要」→どちらにとっても、更には、両方の理解でも良いそうです。

♦♦これで、夏の季語「ホトトギス」がなくなり、タブー視される「季重」もありません。

♦♦♦まだ、問題があります。夏の季語「初鰹」をどうすれば良いのでしょうか?  
考えますと、最初は「青葉」「ホトトギス」「初鰹」と3つの季重ねがあったのですね。

 「凍鰹」-冷凍鰹の意味ですが、『いつ「冷凍」にしたのだろ-昨年かな?一昨年かな?

山の手入れ、樹木の剪定を終えて自然にお腹がすいた-鰹があることを思い出した。しかし、初鰹ではない。でも、楽しさはある、その時、侘しさも思うのだろうか。
「凍鰹」。侘び寂、喜怒哀楽、静寂に思いを馳せないでも、あるがままにの世界。



Many青葉 
山ほっとけず
凍鰹

♠♠
目には青葉
山ホトトギス
初鰹
(山口素堂) 

夏の季語が3つ重なり、緑と青とホトトギス、目と耳と口を占拠する素堂先生の俳句。
小山先生が締めくくります。
『素堂先生の名句の解釈を求める外国人、学生達は少なくありません。季語も彼らにはハードルです』

『小山先生が作られた理解用句があると、すっと入って行けるのが不思議です。入るのは、形からでも意からでも良いを実践される小山先生ならではでしょう。しかし、同時に2つの句とリズムが頭から離れない-これも小山先生のリズムなのでしょう』-仲間の声です。 




HOME 経歴 理論 Q&A キャンプ 提携施設 お問合せ 最新情報 猫の穴NEWS 特許・商標 所在地

(2017.5.8)
GWとその後
思いもよりませず、皆様から沢山頂戴致します<ロミオ>への愛情に、小山先生、そしてワールドウィングスタッフは、皆様のお心深い想いに深く感謝申し上げます。

GWは、研修、研究、実際の指導と医師研修が続き、また、皆様で思いを一つにする仲間達の来訪。
ロミオは、かなり元気になりました。有難うございます。

以前、お伝えさせて頂きましたかもしれませんが、ロミオは、小山先生のことを「父上」と呼んでいるようです。別れることが淋しいです。

また、こんなにイチロー選手に愛されたインコはいないでしょう←父上は、もうすぐ、マイアミにでかけます。

ロミオ、父上をこんなに淋しがらせてはダメですよ。






(2017.5.6)
最近ロミオが登場しませんが…

小山先生、スタッフの皆様、ロミオちゃん、お元気ですか?のお声を沢山頂いています。

小山先生は、昨年からイチロー選手と一緒です。
3月には、マシンスタッフはマシンの搬入を、そして小山先生とスタッフはキャンプに合流しました。
大学の前期授業も始まり、指導現場、研究、医師研修が頻繁にあり、とても充実しています。



小山ロミオちゃんは、昨年の12月*が信じられないくらい、とても元気です。

*ロミオの詳細
小山先生は鳥のことも詳しくて、落命状態のロミオをずっと自分の胸で療養しました。
ロミオたちは体温42~43℃ですので、まず体温管理が難しく、そこで考えたのが、眠るときも様子をみるために、一緒に胸の中で過ごせばロミオにとって一番良いんじゃないかな、ということでした。

この動画をしばらくご覧下さい。
ロミオと小山先生の近況です(#^^#)



小山先生は、今年2度目のマイアミ行きです(^^)







責任更新者 篠原・成田
 
過去の更新情報
2005.1 2005.2 2005.3 2005.4 2005.5 2005.6 2005.7 2005.8 2005.9 2005.10 2005.11 2005.12
2006.1 2006.2 2006.3 2006.4 2006.5 2006.6 2006.7 2006.8 2006.9 2006.10 2006.11 2006.12
2007.1 2007.2 2007.3 2007.4 2007.5 2007.6 2007.7 2007.8 2007.9 2007.10 2007.11 2007.12
2008.1 2008.2 2008.3 2008.4 2008.5 2008.6 2008.7 2008.8 2008.9 2008.10 2008.11 2008.12
2009.1 2009.2 2009.3 2009.4 2009.5 2009.6 2009.7 2009.8 2009.9 2009.10 2009.11 2009.12
2010.1 2010.2 2010.3 2010.4 2010.5 2010.6 2010.7 2010.8 2010.9 2010.10 2010.11 2010.12
2011.1 2011.2 2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12
2012.1 2012.2 2012.3 2012.4 2012.5 2012.6 2012.7 2012.8 2012.9 2012.10 2012.11 2012.12
2013.1 2013.2 2013.3 2013.4 2013.5 2013.6 2013.7 2013.8 2013.9 2013.10 2013.11 2013.12
2014.1 2014.2 2014.3 2014.4 2014.5 2014.6 2014.7 2014.8 2014.9 2014.10 2014.11 2014.12
2015.1 2015.2 2015.3 2015.4 2015.5 2015.6 2015.7 2015.8 2015.9 2015.10 2015.11 2015.12
2016.1 2016.2 2016.3 2016.4 2016.5 2016.6 2016.7 2016.8 2016.9 2016.10 2016.11  2016.12
2017.1 2017.2 2017.3                

Copyright© 2005 WORLD WING ENTERPRISE CO. All Rights Reserved.