HOME 経歴・著書 会社概要 初動負荷理論 ビモロシューズ 取扱店舗 ワールドウィング 指導提携施設 キャンプ 最新情報 猫の穴NEWS Q&A お問合わせ 特許・ 登録商標 について






(2017.7.26)
愛の強制検査入院・爆笑編(^.^)-②

♠この時、内分泌系が上限値の25倍以上計測。安定を示す基準値からは75倍。いずれも脳腫瘍、臓器腫瘍などが疑われるステージ。実際は腫瘍ではなく、身体の破壊、破損を示すものでした。2ヶ月近くの入院でしたので、その酷さが分かります。


♠実は、この総合病院から、脳血管障害、脳挫傷などで、起立、歩行、腕が動かない患者様をエンタープライズでお預かりし、B.M.L.T.カムマシンを中心とした初動負荷トレーニングとその成果の高さに主治医先生は大変注目。後の主治医先生とは、心は既に触れ合っていたのです。


♠♠小山先生は、『私が設計し、製作した試作品シューズの『科学的検証結果は、整合性のある有益』なものです。身体が回復しましたら、シューズは自分で作ります。物理的、医科学的検証もできず、有害でも売れれば良いという人達に任せた自分が悪いのです』

「有益しか求めないという真摯な情熱が、身体をきっと回復させます!」と後の主治医先生。


♠♠奇跡的とされた回復に、『酷すぎた身体状態でした。貴方はきつくとも、止まらない、休まないで無理をされるので、退院後は、定期検診致しましょうね』と、主治医先生。

♠♠海外、大学授業も多い上に、エンタープライズに帰り、アスリート、機能改善合宿(キャンプ)にお集まりの皆様とご一緒したい、そして研究ペースが上がる中、定期検診が出来ない時が経過します。主治医先生は、小山先生のことを随分案じていらっしゃったようです。

♠♠そして、その時がやって参りましたずっと移動と睡眠不足のせいか、何か変『主治医先生の声がする。sky ear (コロニャン英語では、〈そら耳〉かしら)』痛くても、きつくとも、いつもこの調子です(^^♪

主治医先生 「お待ちしていました。緊急検査入院を命ずる(^^♪」 小山先生とは、明るさ、ウィット、考え方まで波長ピッタリです


♠♠♠写真は、入院3日目の小山先生の手書きポップ。2人の主治医先生、男女の看護師さん達、看護師長さんにも大ウケ
「喫茶611」の数字は、小山先生の病室ナンバーです

♠♠♠「検査が連続的に続き、きついと思うのですが、流石、明るく振る舞っていますね」と、超笑顔が病室内に溢れます。小山先生 『暗いの嫌ですから。能天気コロニャンです(^^♪』


多くの皆様がこのポップを見たくて、訪れます

「次作もあるのですか?」

小山先生「もちろんですよ」←デコメは、デコメ研究家・小山先生の指示です



今回の特別企画は、金曜日に続きます。
どうぞ、お楽しみに






HOME 経歴 理論 Q&A キャンプ 提携施設 お問合せ 最新情報 猫の穴NEWS 特許・商標 所在地


(2017.7.24)
愛の強制検査入院・爆笑編(^.^)

♠小山先生の主治医は、名医が終結されることで知られる総合病院院長先生です。

♠ご存知の方も少なくないそうですが、2009年から2010年にかけて発生した事件・事故で、小山先生は表に立ちつづけ、闘うのですが、表に立つために続けた検証は、小山先生の身体を蝕み、身体、頭部に激痛を発症させ続けます。

♠激痛は、睡眠、食事を奪い、2か月で30キロ近くの体重が無くなります。立つことも出来ない身体を告げず、松葉杖を研究のためと言って使用されていた姿を思い出します。この激痛の中でも、「意図的な減量でも、シェイプアップでもないよ」-と明るく皆さんを笑いに誘う小山先生でした。

エンタープライズをお訪ねの皆様、アスリートとの技術練習中、松葉杖が使えない時、左右両サイドをスタッフが支えて立つことを要求され、目が会わない時は、しゃがんでいる-スタッフの目にはいつも涙がありました。

この激痛の中、博士号学位論文(英文)提出が迫っていて、精密に完成させ、在籍していた早稲田大学に提出しました。

その瞬間、糸が切れた凧(たこ)のように、くるくると目がまわり、墜落して行くかのようでした-とは、小山先生の表現ですが、即刻入院。

内分泌系の変化から脳にダメージが及んでいる可能性ありとの親しい医師の判断から、脳の診断と手術で「神様」「ブラックジャック」と呼ばれる、後の主治医と出会います。
 
♠「事情、しっかり把握しました。変形シューズ、良くないシューズが身体に悪影響を与えることは知っていましたが、悪い、良くないと分かっていて、どうして、毎日履きつづけるのですか」「私の設計したシューズが改ざんして、発売しようとした当時の製造元に販売させないためです。機能は無く身体を痛め付ける検証結果ばかり。私が身体実験を行うと、この通りです」


水曜日に続きます。
お楽しみに(^.^)




(2017.7.17)
大海原へ大湖水へ

◆前回の「気配を消せ」には大きな反響がありました。
あまりにも多くの反響をまとめると「沢山、沢山、考えさせられました。考えました」(^^♪
少しだけ、前回の内容と意味を展開させて頂いた方が良いかもしれませんーと肱岡コーチ、スタッフと話し合いました。

「理解させて頂いているつもりなのですが、気配ってずっと消せるのですか?消し続けなければならないのですか?」
のご質問。


肱岡コーチ「これは、以前、10数年も前ですが、私も考えたことです。当時、小山先生にさりげなく伺ってみました。小山先生の回答は『消しなさい。(武術を)何もやってないかの如く。なかなか消せないと思う。そして、消そうとしても、わかる人にはその気配は伝わる。ある意味では悟られてしまう』
私も目前。有段者の武術家が小山先生と出会った瞬間、汗だくになられるシーンがありました。

この時、小山先生は、いつもと同じ笑顔で、動作は、深くお辞儀をされー動作といえば、お辞儀のみ。
「礼、礼節を知らない者がいないとも限りません」深いお辞儀は、このような人間が前にいますと蹴りあげられたり、様々に危険です。小山先生は丁寧な方ですので、お辞儀はいつも深く・・・小山先生に伺ってみました『先生、このお辞儀中に蹴り上げられた体験はありませんか?』

『あるよ。20代の時に一度だけ。アルバイト先で、歓迎会を催して頂いている時に、酔客と化した人間が居て暴れ出したんだ。いつもこのようになると後で聞きました。何故、このような人を参加させるんだ!と、新人の私は伝えるのですが、この時、既に遅し、皆、怖がって席を離れる。すると、別のグループを襲い・・・
私は、目に余って、制圧技で、酔客を制御し、<やめなさい>とさとしました。
すると、ばつが悪かったのか<わかった、悪かったよ、自分が謝っているのだから、アンタも謝れ。土下座したら帰ってやる>と言い出す始末。何故、私がこの酔客に土下座を・・と思ったけれど、周囲はかなり恐怖感に満ちていたので、兎に角、酔客を帰さねばと思い、彼の要求通り、土下座をしました。


その瞬間、蹴りが飛んで来ました。顔面が割れました』

肱岡『先生、その後、酔客はどうなりました?』

小山先生『カツ(肱岡のこと)、聞くな、聞かないで(^^♪。そのまま帰すわけないでしょう。帰りたい、帰して下さいと本人が言うまで(^^)/目を覚まさせて、皆さんにお詫びをするまで。しかし、彼の身体を傷付けてはいないよ』

肱岡『先生らしいですね。彼はどうなりました?』

小山先生『翌日、責任者にお詫びしたそうですが、私のところには来ない。いつもニコニコしている小山なので、大丈夫と思っていたが、甘かった・・・。と話し、彼は、魚をさばく係なのでいつも包丁が近くにあるので、余計に皆、彼が暴れても腫物(はれもの)に触れないようにして、増長させたんだね。

私は、この頃、木刀で振りの稽古を欠かさなかった。アルバイトの仕事の休憩時間にも、丁度、バイト先の横に人通りの少ない小道があって、そこで。
気になっていたんでしょう。私の動きを数日見ていた<彼>は・・・、彼と目を合わす時は、私の眼にも顔にも笑みは無いよ、勿論。

『小山のさばきは本物だ!怖い!目つきが変わっている!小山にやられる、と言って、彼は辞職しました。暴れて3日後のことだったと思う。
私は、何もしていないのに(^^♪。職場の皆さんは、彼の辞職に万歳をしていたので、よほど、恐怖を植え付けていたんでしょうね。

恰好の良い話しでもなんでもない。暴力が力だと思っている人の馬鹿げた顛末で、私の心には、春のできごとなのに秋風が吹いているようで、侘しく悲しかった・・

肱岡「先生が有段者の方に、礼を尽くして深くお辞儀をされた時、相手の方が本当に噴き出すーという表現しか無いほど汗をかかれていましたので、後でどうされました?小山先生は優しい方ですよ」とお伝えすると共に、お尋ねしました。

『全く、隙(すき)が無い。自分も武術家なので、ここで蹴りを入れると・・・などと瞬間様々なことを考え・・これは悪意ではなく、小山先生のお辞儀そのものが<技>と直感しましたので。小山先生は徒手技だけでなく、刀、杖(じょう)などにも通じていらっしゃいますね』

肱岡『何故、お分かりですか』

『立ち方からして、ここに刀があれば、なければ、という、いわば、ポジショニングと、徒手技で、動いたら絶対その場に居ない・・どこから飛んでくるんだろ・・などと考えている瞬間、冷や汗、脂汗がでました』

肱岡『そうなんです。小山先生は、瞬間、身体全部を使われるのですが、足首、膝、拳(こぶし)だけが身体から離れて飛んでくる感じ。ボクシングの元世界チャンピオンも同様な表現をされます。
なので、当てられても、こちらが当てる距離に居ない』と。


◆◆再び肱岡です。逆のケースもあります。
時間の経って居ない話しです。
ここには、菰田コーチ(野球)の協力が必要です。

本年のプロ野球オールスターゲーム初日(7月14日)にMVPを獲得された内川聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)と、小山先生は、二号館横の室内練習場でバッティングの技術練習をしていました。菰田コーチによりますと、ポイント含め、観たことのない技術練習ばかり。

内川選手の『先生、これです!これを求めていたんです!』の声が耳から離れないといいます。このお声は、数年前から一緒に取り組みを開始した時から、ポイントが出来るごとに、また、ポイントに触れるごとに、内川選手が発するお言葉で、同じポイントは一つもありませんので、数多くのポイントに触れられたことがわかります。

天才と呼ばれる内川選手にして、触れたくて、掴みたくて、触れられないで苦悩されていたことが沢山あることーこれが、真髄への遥けき道を感じると共に、努力って何だろう・・・と考えさせられます。

小山先生が教えて下さる「努力は当たり前。努力の方向性を見いだせるかどうか。方向性に出会う、また観つける手前に辿り着けるかどうか。学問も同じ。<努力の方向性>に出会う前に、<努力感>を得て、満足、限界を感じないで」頭から離れません。

この技術練習風景には、刀の使い方の一部が登場します。
この風景を、ある国のプロ野球選手が見学していて、見よう見まねで、バットを刀に見立てて振っていました。勿論、小山先生と内川選手の操り方とは全く異なります。

お二人の誰も近づけないポイント練習に、一度区切りがついた時、外国プロ野球選手が『小山先生、こうですか?』とバットを小山先生に向けて振り下ろして来ました。彼にとっては、バットを日本刀に見立てて<遊び>の雰囲気もあったようです。

『とても危険なシーンでした』と菰田コーチ。
小山先生は、御自身のバットで、彼のバットを横に払うのか・・・と思ったのですが、『これが習性かな』と後で呟かれた動作があります。

バットを持つ(先生は、決して<握る>と表現されません。握ると柔らかく動けないーと)右手(上の手)側を刀の<峰>、左手(下の手)側を<刃>に見立てるかのように、<峰>で彼のバットを受けたかと見えたのですが、彼のバットを峰側で受ける動作を行っただけで、バットに触れることなく、瞬間<刃>の側が彼の顔面と頭上のギリギリ手前にありました。

<峰>で受ける動作を先生はよく行われます。理由は、『刃で受けると、刃が傷付き、ボロボロになる。また、刃を当てると刀とは、意外にもろいんだよ』と教えて頂きました。

扨、皆様、小山先生の動きをイメージして下さい。腕だけではなしえず、脚先行で立ち位置が変わらねばなりません。
<彼>は、顔面近くに先生のバットが近づき、先生がバットを止めた瞬間、腰が砕け『腰が抜けた・・・怖かった、先生の瞬間の技と目が・・・』

小山先生は、『危ないよ』と笑顔でウィンク。

何故、彼のバットを横に払わなかった・・と申しますと、私のバットは下にあり、この距離で瞬間、横に払うと彼のバットが飛んで行き、子供達が危ない。そして、強くバットを握っているので、バットを下から横払いすると、彼の肘と肩の関節が<もっていかれる>からだそうです。

優しい内川選手の顔も変わり『君達がかなう相手では無い!』の声も忘れられないと伝えてくれました。

そして、距離を置いて、バッティング技術練習から見学させて頂いている子供達、アマチュア選手達に『皆、よく見ておくんだよ。この風景を。君たちが羨ましい。若い年代で、このようなことを教われて。自分も、皆の頃から教わりたかった』とお伝え下さいました。

ご存知の方も少なくないと思いますが、想定150キロのボールをいまだにミート出来る小山先生の秘密?もこの辺りにあるかもしれません。



皆様へ
今回のシリーズは、武術礼賛(らいさん)が目的ではありません。「気配を消せ」の反響があまりに多く、<このようなことか>のお伝えと、優しく振舞っている人、明るい人が弱い人ではなく、修行、鍛錬、トレーニングを重ねて「自からを律っし、人のことが先で自分のことは後」に出来るような人もいる。強い人間こそ、何気に振舞っているもの。

相手のことを知っているようで知らない・・気配を表すと何が起こるか分からない人間もいます。「強い人間が優しく振舞うのは当然で、<鞘(さや)の内>」小山先生の言葉です。
だから『いじめ』『暴力』など、無くなってほしい。


人間の尊厳を知り、慈(いつく)しみを忘れない社会であって欲しいー腕力の暴力だけでなく、言葉の暴力もないー小山先生の想いから企画させて頂きました。

長くなりましたので、表題の「大海原へ、大湖水へ」は、写真だけで爽やかさをお感じ下さい。一緒に取り組みを開始して、日本人には無理と言ラフティング競技で、二度世界一に輝き、世界を「あっ」とか「いっ」「う~」「えっ」、そして最後に「お~マイ・ガッド!」と言わせた仲間達、文章なしで御免なさい(^_-)-☆ー小山先生のメッセージです。


💛世界の歴史の中で、誰も取り組んでいないからと、操船技術を小山先生が伝え、世界一を招きました💛

次回は乗船するぞ~~    コロにゃん




(2017.7.10)
★テコンドー合宿

〈気配を消せ〉

ナショナルチーム代表を含む、テコンドー合宿が始まりました。
今回は、肱岡コーチ(空手家:近大工学部 空手部卒)の通信です。

肱岡です。
『いつもは室内で行う稽古(けいこ)です。しかし、あまりに爽やかなお天気で、樹木に囲まれた第二号館横のガーデンは更に快適。小山先生の提案で〈今日はガーデンで稽古しよう〉』

そのシーンです。

ステージ(Ⅰ)①~③
①“今までの後蹴り(ティッチャギ)を見せて”
②動作開始
③結果


ステージ(Ⅱ)①~③
①“立ち方と左右の足のバランスをこのように変えて”
②変更動作開始
③結果


肱岡『明らかな違いがわかりますね。小山先生の蹴り技も凄い切れるのです』


『これは、腕と脚のバランスを高める技。いわゆる武器を持った相手に対する技です。詳細は話せませんが、小山先生にかかると……。先生はもちろん安全に行って下さいますが』


肱岡『小山先生の腕技も強烈です。《小山先生には割りばし一本も持たすな》とよく言われます。芸術にも似た動きで、これも…。でも、何も持たなくとも、ボクサーたちからも、先生のパンチは見えないと言われますので…』


肱岡まとめ
『私を含め、技を追い求め、多くの仲間が集まります。初動負荷トレーニングを介すると、その有効性が高いからです。また、ここに集まるのは、小山先生に技(動作)指導を求めたいこともあります。

小山先生に教わることの一つに、道場や試合ではともかく、〈いかにもーの雰囲気を作るな〉があります。深い深い〈意〉を感じることですので、以下お伝えさせて頂きます。

自分は強いんだぞとか、最初から雰囲気や実行動で威かくしたりと、妙な世界が多い中、本当はとてつもない修行を重ね、遥かに上なのに、〈殺気〉を、更には〈修行者であることさえ〉感じさせない…

そして、君はワールドウィングの指導者であり、社会人なのだから、ワールドウィングと一般社会の中では武術家の〈気配を消しなさい、それが修行だ〉と、先生から指導を受けてきました。

こんな人に向かって行った時の恐怖。武道以外でもこの感覚は通じると思うのです』







責任更新者 篠原・成田
 
過去の更新情報
2005.1 2005.2 2005.3 2005.4 2005.5 2005.6 2005.7 2005.8 2005.9 2005.10 2005.11 2005.12
2006.1 2006.2 2006.3 2006.4 2006.5 2006.6 2006.7 2006.8 2006.9 2006.10 2006.11 2006.12
2007.1 2007.2 2007.3 2007.4 2007.5 2007.6 2007.7 2007.8 2007.9 2007.10 2007.11 2007.12
2008.1 2008.2 2008.3 2008.4 2008.5 2008.6 2008.7 2008.8 2008.9 2008.10 2008.11 2008.12
2009.1 2009.2 2009.3 2009.4 2009.5 2009.6 2009.7 2009.8 2009.9 2009.10 2009.11 2009.12
2010.1 2010.2 2010.3 2010.4 2010.5 2010.6 2010.7 2010.8 2010.9 2010.10 2010.11 2010.12
2011.1 2011.2 2011.3 2011.4 2011.5 2011.6 2011.7 2011.8 2011.9 2011.10 2011.11 2011.12
2012.1 2012.2 2012.3 2012.4 2012.5 2012.6 2012.7 2012.8 2012.9 2012.10 2012.11 2012.12
2013.1 2013.2 2013.3 2013.4 2013.5 2013.6 2013.7 2013.8 2013.9 2013.10 2013.11 2013.12
2014.1 2014.2 2014.3 2014.4 2014.5 2014.6 2014.7 2014.8 2014.9 2014.10 2014.11 2014.12
2015.1 2015.2 2015.3 2015.4 2015.5 2015.6 2015.7 2015.8 2015.9 2015.10 2015.11 2015.12
2016.1 2016.2 2016.3 2016.4 2016.5 2016.6 2016.7 2016.8 2016.9 2016.10 2016.11  2016.12
2017.1 2017.2 2017.3 2017.4 2017.5  2017.6           

Copyright© 2005 WORLD WING ENTERPRISE CO. All Rights Reserved.